RYZE Tech社の推奨品のプロポで、Telloの操縦をさらに快適に!

2018年6月26日 (火曜日)

カテゴリー: Tello

小型で軽量、持ち運びにも適しているトイドローンの「Tello」
室内でも屋外でも、気軽にフライトを楽しめるとあって、とても人気です。

 
また、映像も鮮明で、動画や静画なども
満足の撮影が可能となっています。

 
今回は、そんなTelloのプロポについて
解説していきたいと思っていますので、
是非参考にしてみてください。

 
 

そもそもプロポとは

 
RYZE Tello

 
プロポとはプロポーショナル・システムの略。
普段あまり聞きなれない単語ですが、
要するに、送信機やコントローラーのことを言います。

 
ドローンを操作するにあたっては、送信機が必要になりますね。
このプロポには様々な種類があります。

 
商品によっては、このプロポが同梱されていたりもしますが、
自分で操作しやすいものを揃えるのもおすすめです。

 
機体によって、対応しているプロポは様々ですので、
しっかりと確認して購入をするようにしましょう。

 
 

専用アプリをダウンロードしてスマホをプロポに

 
RYZE Tello
 
Telloにはプロポが同梱されていません。

 
では、どうやって操作するのか。
専用のアプリをダウンロードして、スマホにて操作を行います。

 
アプリをダウンロードすると、
スマホ画面にはTelloからの映像が映し出され、
仮想ジョイスティックにて操作が可能となります。

 
基本的なフライトモードの他にも、
その場での宙返りを指示する「8D Flip」
機体を中心に1周録画をする「360」や、
「Circle」撮影も楽しめるのがこのアプリの特徴でもあります。

 
アプリをダウンロードするだけで、
様々なフライトが可能になるので、とても便利ですね。

 
 

対応のコントローラー使用でさらにスムーズな飛行を

 
GameSir製「T1d」
 
Telloと相性が良いコントローラーとして、
GameSir製の「T1d」が挙げられます。

 
こちらの商品は、RYZE Tech社の推奨品
手にフィットして握りやすく、
まるでゲーム機にて使用するような形をしています。

 
操作感も抜群で、
細かい動作などもスマホよりスムーズに行うことが可能です。

 
ゲーム感覚でTelloのフライトを楽しめるとあって、
とても人気の商品になっています。

 
 

まとめ

 
専用アプリのダウンロードをすれば、
スマホにてTelloのコントロールが可能になります。

 
しかし、さらにフライトをスムーズに楽しみたいのであれば、
プロポとしては専用のコントローラーを用意するのがおすすめでしょう。

 
その中でも今回は、T1dをご紹介しました。
細かい動作や撮影時にも重宝するコントローラーとなっています。

 
スマホを装着できる堅牢なホルダーも装備しているので、
使い勝手は抜群です。
比較的手ごろな価格も嬉しいですね。

 
Telloと非常に相性の良い
RYZE Tech社の推奨品のT1dを、是非お試しください。
 
 

GameSir T1d リモートコントローラーのページはこちら

 


カテゴリー: Tello

お得な情報を毎週お届けするメルマガ登録はコチラ

カメラスタビライザーの公式Facebookページはコチラ