コンパクトだけど性能や操作性は本物! 旅のお供にも最適なRONIN-Sレビュー

2018年9月20日 (木曜日)

カテゴリー: DJI Ronin

RONIN-S
 
ドローンのメーカーとしても有名なDJIですが、
スタビライザーのラインナップも豊富です。

 
製品としては、スマホ用の「Osmo」から始まり、
プロ仕様の「RONIN 2」などがあります。

 
どの種類も、動画撮影時には優れた性能を発揮してくれます。

 
そして、一眼レフカメラやミラーレスカメラを
使用した動画撮影にぴったりなのが、
「RONIN-S」です。

 
今回は、同製品のレビューをご紹介していきたいと思います。

 
 

コンパクトなボディで持ち運びが楽

 
RONIN-S
スタビライザーは持ち歩くことを想定すると、
コンパクトであることが
重要視されるのではないでしょうか。

 
RONIN-Sは同社の大型スタビライザーと
比較すると、
コンパクトな方だと言えるでしょう。

 
全ての操作が片手で可能な点なども
使いやすさに一役買っていると言えます。

 
本体の重量としてはおよそ1.8kgです。
 
これは同社の「Osmo」などに比べると
決して軽いとは言えないかもしれませんが、
一眼レフカメラを装着できる
スタビライザーとしては妥当でしょう。

 
さらに、グリップ部分は脱着が可能なので、
バックパックなどに入れて持ち運ぶことが容易です。

 
つまり、旅をしながらの撮影にも
ぴったりのスタビライザーと言えますね。

 
 

長時間の撮影にも安心な大容量バッテリー

 

長時間の撮影に挑む際、
どういった点が一番に気になりますか。

 
恐らく多くの人がバッテリー切れを
懸念するのではないでしょうか。

 
RONIN-Sは大容量のバッテリーを搭載しています。
時間にして最大で12時間の連続使用が可能です。

 
先述したコンパクトなボディに大容量のバッテリーで、
ますます旅のお供にしたい
ツールになったのではないでしょうか。

 
 

直観的な操作方法でスムーズな撮影を

 
Focusホイール

 
いくらコンパクトで性能が優れているからと言っても、
操作性が複雑だったら
持ち出す機会も減ってしまいますよね。

 
でも、ご安心ください。
 
同スタビライザーは、直観的な操作を可能とします。
というのも、本体に配置されたボタン類が多くありません。

 
ジョイスティックとモード変更ボタン、
さらにトリガーやFocusホイールと、
必要最低限のものでまとめられていますが、
もちろん、撮影時には不自由なく操作が可能となります。

 
 

カメラのバランス調整が容易

 
本体にカメラを設置する際に、
専用のプレートが用意されています。

 
これを使用することで、カメラのバランス調整を
スムーズに行うことが可能
です。

 
撮影可能な状態まで準備する作業が
とてもスムーズにこなせるという点も
評価できますね。

 
 

まとめ

 
RONIN-S
 
さらに、3つのユーザー設定も保存することができます。

 
シーンに合わせてプリセットを作成しておけば、
あとはモード変更ボタンで呼び出すだけです。

 
とても使い勝手の良い機能と言えます。

 
持ち運びに適している点も
大容量バッテリーを搭載している点も、
とても重要なことですが、
操作が簡単というところも注目できますね。

 
本体操作はもちろん、
専用アプリも直観的な操作が可能ですので、
スタビライザーを使ったことがないという
初心者の方にも、ぜひおすすめしできる1台です。
 
 

DJI RONIN-Sのページはこちら

 


カテゴリー: DJI Ronin

お得な情報を毎週お届けするメルマガ登録はコチラ

カメラスタビライザーの公式Facebookページはコチラ