DJI RONIN-Sの本格的な性能と機能をご紹介! 撮影される動画はプロ顔負け

2018年9月27日 (木曜日)

カテゴリー: DJI Ronin

RONIN-S

 
YouTubeなどの動画投稿サイトの影響もあってか、
ジンバルやスタビライザーの認知度も
グンっと上がってきていますね。

 
その種類はスマートフォンを搭載できるものから
両手で操作する大型のプロ仕様のものまで。
様々なものがリリースされています。

 
そんな中でも「DJI RONIN-S」は、
あなたのお気にリの一眼レフカメラや
ミラーレスカメラを設置して
動画撮影をすることができます。

 
手振れを気にすることなく、
プロ並みの撮影を手軽に再現できる
夢のような製品に仕上がっています。

 
 

パワフルなモーター搭載でスムーズな撮影を実現

 
先ず特筆すべきは、
やはりモーターパワーでしょう。

 
最大耐荷重が3.6kgということもあり、
ほとんどの一眼レフ・ミラーレスカメラが使用可能です。

 

パワフルなモーターを搭載することにより、
大型の一眼レフカメラでも
スムーズな動画撮影が実現できます。

 
 

豊富な撮影機能により広がる制作の幅

 
DJI RONIN-S
 
さらに撮影機能としては、
タイムラプスモーションラプス
パノラマスポーツモードなど
豊富に取り揃えられているので、
撮影の幅も大きく広がることでしょう。

 
付属の三脚を取り付ければ、持ち手が長くなりますので、
ローアングルからの特殊な撮影も難なくこなすこともができます。

 
1台で色々なことができてしまうので、
どのような映像作品にしようか、わくわくしてきますね。

 
 

フォローフォーカス機能について

 
Focusホイール
 
また、スタビライザーにはフォーカスホイールが搭載されています。
 
スタビライザーとカメラをケーブルで接続し、
ホイールを操作することで
カメラのフォーカスをコントロールすることができます。

 
しかし、今のところ対応しているのは
パナソニックのGH5のみとなっております。
アップデートを期待したいところですね。

 
 

まとめ

 
他にも、持ち歩きに便利なコンパクトなボディに、
大容量バッテリーを備えています。
 
これ1台とお気に入りのカメラさえバックパックに詰めれば、
出先での動画撮影に困ることはないでしょう。

 
直観的な操作が可能なので、初めての1台にも最適です。
 
専用アプリでバランス調整なども
簡単に行うことができるのもポイントが高いですね。
とても使いやすいと評判のアプリなので、心配がいりません。

 
もちろん、「OSMO Mobile」を使用して
スマホで動画を撮っていた、という方にとっても
ステップアップとしておすすめできるでしょう。
 
恐らくは、RONIN-Sを手にした瞬間、最高の相棒となることでしょう。

 
メインとしてもサブとしてもおすすめできるスタビライザーです。

 
 

DJI RONIN-Sのページはこちら

 


カテゴリー: DJI Ronin

お得な情報を毎週お届けするメルマガ登録はコチラ

カメラスタビライザーの公式Facebookページはコチラ