メルマガ登録 レンタルサービス ドローンフライト申請代行サービス

カテゴリー

グループ

オフィシャルBLOG

店長紹介



浅野直生
フライカム.DJIの正規販売代理店として高品質な カメラスタビライザーを安心して  お届けできるよう日々運営しております。 ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。 スタッフ一同責任をもって対応させていただきます。
オークション代行 お客様の声





保証・サポートについて
当店はColor Me Shop! proの元、個人情報保護の為、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。
ご注文ページや会員登録ページから送信されたデータは、SSL暗号化通信により保護されます。
これによりお客様がインターネットを通じて、当社に送られる全ての情報は暗号化され漏洩することが無く、安心してお買い物できることを保証致します。

ドローンフライト
申請代行サービス

ドローン・ラジコン等の飛行ルールについて

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。

今回の法改正により対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

1.無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

以下の(A)〜(C)の空域のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、国土交通大臣の許可を受ける必要があります。

2.無人航空機の飛行の方法

飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には…

【1】日中(日出から日没まで)に飛行させること
【2】目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
【3】人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
【4】祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
【5】爆発物など危険物を輸送しないこと
【6】無人航空機から物を投下しないこと

行政書士との連携による申請

当社提携先の行政書士の方と連携し、お客様の申請内容をヒアリングしながら申処理請を進めていきます。
申請可能なドローン機体は『DJI社の改造していない機体』のみになります。
また、申請時にフライトを行うドローンでお客様が『10時間以上のフライト経験』が必要となります。

飛行ルールの詳細は下記リンクよりご確認頂けます。
■国土交通省 ドローンの飛行ルール 詳細ページ
>> http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

申請を依頼するのはどれ位前からがベスト?

申請書は飛行開始予定日の少なくとも10開庁日前までに、
申請内容に応じて、国土交通本省又は空港事務所あてに不備等がない状態で提出して頂く必要があります。
余裕を持ってフライトの1ヶ月前には書類を提出出来るようにしておくとベストです。

料金について

■ 通常料金:50,000円(税別)から

※飛行経路や記載項目、申請内容により価格は変動します、お問合せ下さいませ。

飛行申請前のヒアリング

事前に申請内容のヒアリングを行ないます。申請に関するお見積り依頼や気になる点などは下記リンクより、
お問合せタイトルに『飛行申請の件』と記入し申請内容を記入しお問合せ下さいませ。
申請内容をご確認の上、当社よりご連絡を差し上げます。


ページトップへ